ジャポニスム2018|Japonismes 2018

ワレワレのモロモロのロゴ
©Guillaume+Deloire

  • 舞台公演
  • 2018年11月22日(木)~ 12月3日(月)

現代演劇シリーズ―岩井秀人構成・演出 『ワレワレのモロモロ ジュヌビリエ編』

岩井秀人×国立演劇センタージュヌビリエ劇場の日仏コラボレーションがフェスティバル・ドートンヌ・パリで実現。ジュヌビリエに生きる人々を取材しながら、フランス人と初の共同制作に挑む!

国立演劇センタージュヌビリエ劇場新芸術監督ダニエル・ジャヌトーが、現代日本演劇シーンを代表する劇作家・演出家の岩井秀人(劇団ハイバイ主宰)にアソシエイト・アーティストとして2018年秋発表の新作をオファー。16歳から20歳の間ひきこもり生活を送っていた岩井は作品を通して、自由でエスプリのきいた表現を駆使し、儚く美しいながらも躍動感のあるタッチで様々な側面を持つ現代社会やそこに生きる人々の生き様を描き出します。
今回の新作はアマチュア・プロに限らずその人自身の人生を演劇にするプロジェクト。2018年秋の本番に向けて、岩井は ジュヌビリエに複数回滞在しながら、ユニークな人生経験を持つ住民や俳優とワークショップや稽古を重ね、台本を作ります。彼らと共に生み出される岩井の初・日仏共同制作に乞うご期待!

・期間:
 2018年11月22日(木)~ 12月3日(月)
・会場:
 国立演劇センター ジュヌビリエ劇場
・主催:
 国際交流基金、国立演劇センター ジュヌビリエ劇場
・共催:
 東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)、フェスティバル・ドートンヌ・パリ
・協力:
 quinada
 
 
(Update: 2018.7.31)

  • Toru Hiraiwaの画像