ジャポニスム2018|Japonismes 2018


(左)上村春樹講道館長 写真:講道館 (右)野村忠宏氏 写真:株式会社Nextend

  • 生活文化他
  • 2018年12月7日(金)~ 9日(日)、2019年1月15日(火)~26日(土)、2019年1月19日(土)、2019年2月9日(土)~ 10日(日)

柔道 ジャポニスム2018 JITA-KYOEI PROJECT

世界の柔道大国である日本とフランスが、子どもから指導者まで、老若男女さまざまなレベルでの柔道交流を深めます。

世界の柔道大国として知られるフランスでは、柔道は他者への敬意や礼の精神が身につく教育的なスポーツとしても評価され、子どもから大人まで多くの人が取り組んでいます。
この度は日本とフランスが、「ジャポニスム2018 JITA-KYOEI PROJECT」(※)でタッグを組み、さまざまなレベルで柔道を通じた交流を深めます。

※「JITA-KYOEI PROJECT」とは
「JITA-KYOEI(自他共栄)」とは 「その団体・社会を組織している各成員が、その他の成員と相互に融和協調して、共に生き栄えること」「人間と社会の進歩と発展に貢献すること」という意味で、講道館柔道の創始者、嘉納治五郎による教えの中で最も重要な言葉のひとつです。国際交流基金と講道館は、平成29年度より本格的な柔道交流事業「JITA-KYOEI PROJECT」を開始し、日本発祥で世界的スポーツとして発展した柔道を通じて、各国との交流を促進し、人的交流、技術指導、教材作成等により、交流強化、人材育成、ネットワーク構築の促進を目指しています。従来は主として東南アジアとの交流を推進してきましたが、2018年は「ジャポニスム2018」の機会を活用し、フランスとの交流にも注力しています。

1. 上村春樹・野村忠宏 特別講習会
モントリオール五輪金メダリストで講道館館長の上村春樹氏と、アトランタ、シドニー、アテネ五輪で3連覇を成し遂げた野村忠宏氏が、柔道大国であるフランスの指導者や青少年に直接指導します。上村館長は「指導者の大事な役割」や「心技体」についてを、野村氏は得意技「背負投」の極意を、「自他共栄」のメッセージを添えてお伝えします。

①指導者・有段者向け講習会
・日時:2018年12月7日(金)19時~21時
・会場:アンスティテュ・デュ・柔道(Institut du Judo, パリ14区フランス柔道連盟内21-23 avenue Porte de Châtillon, 75014 Paris)
・対象者:フランス柔道連盟会員の柔道指導者、有段者
・参加方法:フランス柔道連盟会員ページより申込
 ※見学自由・事前申込不要

②青少年向け講習会
・日時:2018年12月8日(土)
・会場:ル・グラン・ドーム(ヴィルボン=シュル=イヴェット市, Le Grand Dôme, 3 rue du Grand Dôme, 91140 Villebon-sur-Yvette)
・対象者:フランス柔道連盟加盟の柔道クラブ
・参加方法:フランス柔道連盟会員ページより申込
 ※見学自由・事前申込不要
・本講習会には、共に元フランス代表選手で五輪メダリストのマルク・アレクサンドル氏(Marc Alexandre/ロサンゼルス五輪(1984年)銅メダリスト、ソウル五輪(1988年)金メダリスト)、リュシー・デコス氏(Lucie Décosse/北京五輪(2008年)銀メダリスト、ロンドン五輪(2012年)金メダリスト))も指導者として駆けつけます。

③指導者・高段者向け講習会
・日時:2018年12月9日(日)
・会場:トゥールーズ市 スポーツ資源・専門技術・競技力向上センター(CREPS/Centre de ressources, d’expertise et de performance sportives, 1 Avenue Edouard Belin, 31400 Toulouse)
・対象者:フランス柔道連盟会員の柔道指導者、高段者
・参加方法:フランス柔道連盟会員ページより申込
 ※見学自由・事前申込不要

2. 展示:Japonismes 2018 JITA-KYOEI PROJECT
・時期:
 2019年1月15日(火)~26日(土)
・会場:
 パリ日本文化会館 地上階情報センター

3. 鏡開き 形デモンストレーション、講習会
フランス柔道連盟の正月恒例「鏡開き」では、講道館の専門家による形のデモンストレーションや、フランス中から集まった指導者に向けた講習会が行われます。
・時期:
 2019年1月19日(土)
・会場:
 アンスティテュ・デュ・柔道(Institut du Judo, パリ14区フランス柔道連盟内21-23 avenue Porte de Châtillon, 75014 Paris)
・招待者限定

4. 展示、形のデモンストレーション
毎年パリで開催される国際柔道大会「グランドスラム・パリ」の機会を活用し、嘉納治五郎師範はじめ柔道の歴史を紡いできた柔道家ゆかりの品々や写真、書などの展示のほか、映像の上映等も予定しています。
・時期:
 2019年2月9日(土)~ 10日(日)
・会場:
 アコーホテルズ・アリーナ(AccordHotels Arena, Boulevard de Bercy, 75012 Paris)
・パリグランドスラム2019の観戦者限定




・主催:
 国際交流基金、講道館、フランス柔道連盟
・特別協力:
 バリエールグループ 
 
 
(Update: 2018.12.5)