ジャポニスム2018|Japonismes 2018


(左) ©Jérémie Souteyrat (右) ©Isamu UEHARA(Sun-Ad)

  • 舞台公演
  • 2018年10月13日(土)

伶楽舎 × 森山開次

雅楽の演奏グループとして世界各国で公演をしている伶楽舎。今回の公演ではダンサー森山開次が現代雅楽作品を舞います。

伶楽舎は雅楽古典曲以外に、廃絶曲の復曲や現代作品の演奏に積極的に取り組み、国内外で幅広い活動をしており、現代作曲家へも定期的に古典雅楽様式の新作を委嘱しています。今回の公演ではそんな伶楽舎ならではのプログラムが組まれています。『露台乱舞』は平安時代から室町時代にかけて宮中で行われていた音楽行事を、音楽監督の芝祐靖が構成、復曲させたもので、さまざまな歌謡と舞で構成された酒宴もあり、雅楽の初心者にとっても親しみやすい内容の作品です。また伶楽舎が委嘱し初演された権代敦彦の『彼岸の時間』(2003)と猿谷紀郎の『綸綬(りんじゅ)』(2010)では、今回初めて世界的コンテンポラリー・ダンサー、森山開次と4人のダンサーとの共演が実現します。

・期間:
 2018年10月13日(土)
・会場:
 フィルハーモニー・ド・パリ  
・主催:
 国際交流基金、フィルハーモニー・ド・パリ
・協力:
 KAJIMOTO、東長寺
・出演:
 伶楽舎、森山開次、浅沼圭、碓井奈央、梶田るい、引間文佳
・スタッフ
 美術/大舩真言、衣裳/大脇幹裕(UNITÉVISION)、ヘアメイク/松本順(Tsujimanagement)

(Update: 2018.5.31)