ジャポニスム2018|Japonismes 2018


伝統工芸品産業振興協会提供

  • 生活文化他
  • 2018年9月15日(土)~ 22日(土)、11月9日(金)~ 12日(月)、11月17日(土)~ 24日(土)(調整中)、2019年2月5日(火)~ 16日(土)、2月20日(水)~ 24日(日)

伝統工芸シリーズ

日本のものづくりの原点、日本各地で長い時間をかけて受け継がれてきた日本の匠の技と美を、工芸品の展示や職人による製作実演とワークショップ等多彩な企画で総合的に紹介します。

日本各地に伝わる伝統工芸こそ、日本のものづくりの原点です。その繊細なデザインと緻密なつくり、高い品質は、海外からも高い評価を受け続けてきました。「ジャポニスム2018」においても、それぞれの土地に深く根ざし、長い時間をかけて受け継がれてきた、日本の匠の技を、工芸品の展示、職人による製作実演とワークショップ、講演、映像上映、シンポジウム等、多彩な企画で総合的に紹介します。
「ジャポニスム2018」会期中計3回、各約10日間に亘り、それぞれ数品目の工芸品を取り上げて、その美しさと使いごこちを伝えます。日本人がものを作ること、使うことについてどう考え、どう感じてきたか、ものに込められた日本各地の人々の思いや暮らしを紹介します。
事業の一部は、パリ以外の都市・地域への展開も予定しています。

TEWAZA-匠の技と美
・期間:
 2018年9月15日(土)~ 22日(土)
・会場:
 パリ日本文化会館ESPACE DENSAN(Maison WA内)
・主催:
 国際交流基金、伝統的工芸品産業振興協会

日本の木で繋ぐ「和」の空間
・期間:
 2018年11月9日(金)~ 12日(月)、11月17日(土)~ 24日(土)(調整中)
・会場:
 パルク・エクスポ/ヴァッケン(ストラスブール・サロン・レゾナンス)、ESPACE DENSAN(Maison WA内)
・主催:
 国際交流基金、伝統的工芸品産業振興協会、日本木材輸出振興協会

伝統と先端と―日本の地方の底力
・期間:
 2019年2月5日(火)~ 16日(土)、2月20日(水)~ 24日(日)
・会場:
 パリ日本文化会館、ナント・コスモポリス
・主催:
 国際交流基金、自治体国際化協会(CLAIR)
・参加自治体:
 【展示(パリ、ナント)】
 青森県、岩手県、鶴岡市(山形県)、富岡市(群馬県)、所沢市(埼玉県)、新潟市(新潟県)、富山県 、高岡市(富山県)、福井市(福井県)、富士吉田市(山梨県)、岐阜県、田原市(愛知県)、大阪府、奈良県、真庭市(岡山県)、香川県、熊本市(熊本県)
 【企画イベント(パリ)】
 青森県、岩手県、富岡市(群馬県)、新潟市(新潟県)、富山県、高岡市(富山県)、富士吉田市(山梨県)、岐阜県
 【企画イベント(ナント)】
 青森県、富岡市(群馬県)、新潟市(新潟県)、富山県
 
 
(Update: 2018.8.31)

  • 伝統工芸シリーズのサブ画像
  • 伝統工芸シリーズのサブ画像