ジャポニスム2018|Japonismes 2018

エッフェル塔特別ライトアップ<エッフェル塔・日本の光を纏う>のメイン画像

  • 生活文化他
  • 2018年9月13日(木)~ 14日(金) 20時30分 ~ 翌1時

エッフェル塔特別ライトアップ<エッフェル塔・日本の光を纏う>

パリの象徴的存在、エッフェル塔を特別にライトアップ。フランスのランドマークに日本の文化を重ね、フランスを代表するモニュメントが日本の光を纏う、輝くアート作品を創造します。

フランスといえば誰もが思い浮かべるシンボルの一つ、エッフェル塔は、「鉄の貴婦人」とも呼ばれ、フランスで国家的な行事や国際的な催事がある度に光技術を駆使したライトアップにより、夜の顔として美しい光の衣に包まれてきました。今回は「ジャポニスム2018」を記念して、初めてエッフェル塔が日本を題材とする光のアートを身にまといます。
そんな歴史的ライトアップを手がけるのは、国内照明デザイナーの草分けとして世界各地の街並みや建造物を輝かせてきた石井幹子氏と、パリを拠点に活動する娘の石井リーサ明理氏。
「ジャポニスム2018」で紹介する、日本文化の美しい事象や日本人の美意識を象徴するデザインを音楽に合わせてパリのランドマークに映し出し、「光の都」の夜をさらに華やかに彩ります。

・時期:
 2018年9月13日(木)~ 14日(金) 20時30分 ~ 翌1時
・会場:
 エッフェル塔 
・主催:
 国際交流基金、ジャポニスム2018エッフェル塔特別ライトアップ実行委員会
・特別協力:
 パリ市、エッフェル塔管理会社、国立シャイヨー劇場
・協賛:
 パナソニック、スタンレー電気、島精機製作所、日本航空、全日本空輸、NTTコミュニケーションズ、光文化フォーラム
・協力:
 東京国立博物館、根津美術館
・企画・プロデュース:
 石井幹子&石井リーサ明理
・実施デザイン・制作:
 石井幹子&石井幹子デザイン事務所、石井リーサ明理&I.C.O.N., Paris
 
 
(Update: 2018.6.15)

  • 協賛

    • panasonic logo
    • stanley logo
    • shima seiki rogo
    • jal logo
    • ana のロゴ
    • ntt communications logo
    • inter light forum logo