ジャポニスム2018|Japonismes 2018

FUROSHIKI PARIS image principale FUROSHIKI PARIS メイン画像

  • 生活文化他
  • ①2018年11月1日(木)~ 6日(火) ②2018年11月

【特別企画】 パリ東京文化タンデム2018 FUROSHIKI PARIS

パリの市庁舎前にて、建築家・田根剛氏のアートディレクションのもと、「東京からパリへの贈り物」として風呂敷包みをイメージしたパビリオンを設置します。

内部では、風呂敷関連の様々な展示のほか、今日までの風呂敷の様々な使い方を映したビデオプロジェクションなどが展開されます。

展覧会のテーマは「風呂敷のアート」で、日仏のアーティストやデザイナーの協力作品が展覧されるほか、参加型デモンストレーションも展開されます。

風呂敷における伝統的な包む技術とは、四角い布を折りたたんで物を包んで運ぶというものです。風呂敷は8世紀(奈良時代)から日本で使われ始め、時が経つにつれて日本人の日常生活に馴染んだものとなりました。

世界初のエコバッグとされており、文化的、環境的、美的特長があるこの伝統技術を世界に発信させるための最高の展覧会がパリで開催されようとしています。

また、パリ日本文化会館では、11月2日・10日・17日・24日に風呂敷ワークショップが開かれます。詳細についてはwww.mcjp.frをご覧ください。
・期間:
 ①2018年11月1日(木)~ 6日(火) ②2018年11月
・会場:
 ①パリ市庁舎前広場  ②パリ日本文化会館
・主催:
 パリ市、東京都、アンスティチュ・フランセ
 
 
(Update: 2018.8.31)