ジャポニスム2018|Japonismes 2018


©2015「FOUJITA」製作委員会

  • 映像
  • 2019年1月18日(金)〜 27日(日)

『FOUJITA』特別上映会

藤田嗣治展開催に合わせ、小栗康平監督の最新映画『FOUJITA』(2015年)をフランスで初めて上映します。

「ジャポニスム2018」公式企画として、2019年1月から3月までパリ日本文化会館で開催される藤田嗣治展に合わせ、小栗康平監督による日仏合作映画『FOUJITA』(2015年)を上映します。
フランス・ジョルジュ・サドゥール賞を日本人として初めて受賞した『伽倻子のために』(1984年)や、カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリ・国際批評家連盟賞ダブル受賞で話題になった『死の棘』(1990年)で知られる小栗康平監督が、10年ぶりに手がけた最新作『FOUJITA』。静謐な映像美溢れるこの日仏合作映画が、フランスにおいて初めて紹介されます。
展覧会と合わせ、日仏の間に生きたフジタの未だ知られざる世界を紹介し、近代とは何か、改めて問いかけます。

・期間:
 2019年1月18日(金)〜 27日(日)
・会場:
 パリ日本文化会館(1月18日)、市内映画館「L’Arlequin」(1月19~27日)
・主催:
 国際交流基金
・監督:
 小栗康平(1月18日および19日に登壇予定)
 
 
(Update: 2019.1.9)
 
 
レポート  多才な画家、藤田嗣治の生涯にわたる作品を紹介する展覧会と映画『FOUJITA』特別上映が開催