ジャポニスム2018|Japonismes 2018

Enfance ドレスアップの画像
横山裕一「ドレスアップ」より(「ニュー土木」収録、©イースト・プレス、2003)

  • 展覧会
  • 2018年6月22日(金)~ 9月9日(日)

「Enfance / こども時代」展

日本人漫画家を含む日仏、および国際的なアーティスト、フランス工芸職人などによる多彩な作品を、現代美術的なアプローチで紹介する日仏共同企画の展覧会。

最先端の現代アートを常に発信しているパレ・ド・トーキョーにおいて開催する、日本とフランス、ならびにさまざまな国のアーティストによる、「こども時代」をテーマにした日仏共同企画の現代アート展です。
3000㎡の展示スペースを使って繰り広げられる現代アートの作家やフランス工芸職人による大型作品の数々は、ラビリンスのように展開し、こども時代の空想、神話、そして成長の問題などを問いかけます。
本展は、日本人作家を含めた20人近くのさまざまな国の作家たちの作品をご覧いただくと共に、日本人漫画家・横山裕一とフランス工芸職人とのコラボレーションを発見して頂くまたとない機会となるでしょう。

・期間:
 2018年6月22日(金)~ 9月9日(日)
・会場:
 パレ・ド・トーキョー
・主催:
 国際交流基金、パレ・ド・トーキョー
・特別協力:
 ベタンクール・シュエーラー財団
・協力:
 日本航空株式会社
・キュレーター:
 ヨアン・グルメル、サンドラ・アダム・クラレ(共にパレ・ド・トーキョー キュレーター)
・アソシエイト・キュレーター:
 金澤韻(こだま)(インディペンデント・キュレーター)
・日本人参加作家:
 Amabouz Taturo(旧名 西野達)、栗林隆、鈴木友昌、宮崎啓太、毛利悠子、森千裕、横山裕一(順不同、敬称略)

(Update: 2018.5.15)

  • 特別協力

    • fondation bettencourt schuekker logo