ジャポニスム2018|Japonismes 2018

藤田嗣治展のメイン画像
≪自画像≫1929年 東京国立近代美術館蔵 ©Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 E3048 ≪猫≫1940年 東京国立近代美術館蔵 ©Fondation Foujita / ADAGP, Paris & JASPAR, Tokyo, 2018 E3048

  • 展覧会
  • 2019年1月16日(水)~ 3月16日(土)

「藤田嗣治:生涯の作品(1886 – 1968)」展

中南米からアジア、日本への旅。そして戦地へ――。パリに輝き、パリに没したフジタの知られざる時期の作品を中心に紹介。

藤田嗣治は若くしてパリに渡り、ここでエコール・ド・パリの芸術家として高い評価を得ました。三度にわたる彼のパリ滞在(1913-1931、1939-1940、1950-1968)中には、藤田にとって重要な出来事がいくつも起きています。個展の成功、フランスへの帰化、カトリックへの改宗などです。
本展では、藤田がパリに渡った1913年からパリを離れる1931年までの作品、中南米を旅し日本に戻り、東京を起点に日本各地や中国から東南アジアまで足を延ばした1930-40年代の作品、さらには戦後、終の棲家と定めることになるフランスへのオマージュとして制作された作品を紹介します。フランスで最も知られているのは最初のパリ滞在時に制作されたものですが、これまで紹介されることが少なかった1930-40年代の作品はほとんど知られていません。60年に及ぶ藤田の創造活動を総括し、藤田にとって第二の故郷であるパリで日本を中心に各地から集められた作品を展示する貴重な機会となる展覧会です。

・期間:
 2019年1月16日(水)~ 3月16日(土)
・会場:
 パリ日本文化会館
・主催:
 国際交流基金、京都国立近代美術館
・特別協力:
 朝日新聞社、NHK
・協力:
 全日本空輸株式会社
・キュレーター:
 林洋子(美術史家、文化庁芸術文化調査官)
 ソフィー・クレブス(パリ市立近代美術館チーフキュレーター)
・実行委員:
 高階秀爾(大原美術館館長)
 尾﨑正明(茨城県近代美術館館長)他
 
 
(Update: 2019.1.11)