ジャポニスム2018|Japonismes 2018


(左)伊藤若冲 〈老松白鳳図〉(動植綵絵30幅のうち)宮内庁三の丸尚蔵館蔵 (中央)伊藤若冲〈群鶏図〉(動植綵絵30幅のうち)宮内庁三の丸尚蔵館蔵 (右)伊藤若冲〈釈迦如来像〉京都・相国寺蔵

  • 展覧会
  • 2018年9月15日(土)~ 10月14日(日)

「若冲―〈動植綵絵〉を中心に」展

欧州初の大規模な若冲展。宮内庁三の丸尚蔵館の若冲最高傑作、『動植綵絵』を、相国寺蔵『釈迦三尊像』と共にパリで紹介。

江戸中期の京都で活躍し、その緻密な描写と色彩で、日本国内でも絶大な人気を誇る伊藤若冲。最高傑作とされる『動植綵絵』(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)は、動植物の丹念な観察を通じて得られた現実の姿と、空想の世界を絵画として具現化した作品で、その驚くべき緻密な描写と極彩色で描き上げられた花鳥画は、芸術的にも、技巧的にも、日本美術の最高水準を示すものです。
本展は、「ジャポニスム2018」のメインプロジェクトの一つとして、若冲の作品の中でも、最も注目を浴びている彼の代表作『釈迦三尊像』と『動植綵絵』全33幅をまとめて、欧州にて初公開します。
これまでに、海外で『動植綵絵』全30幅が一堂に展示されたのは、2012年に米国ワシントン・ナショナル・ギャラリーで開催された展覧会のみです。今回は、『動植綵絵』30幅を、相国寺が所蔵する『釈迦三尊像』と共に本来の一揃いの形で展示します。

・期間:
 2018年9月15日(土)~ 10月14日(日)
・会場:
 パリ市立プティ・パレ美術館
・主催:
 国際交流基金、日本経済新聞社、宮内庁、パリ市立プティ・パレ美術館/パリミュゼ
・キュレーター:
 太田彩(宮内庁三の丸尚蔵館主任研究官)、マヌエラ・モスカティエッロ(パリ市立チェルヌスキ美術館日本美術担当)
 
 
(Update: 2018.6.15)