ジャポニスム2018|Japonismes 2018

Rinpa hujin-raijin
国宝 〈風神雷神図屏風〉 俵屋宗達筆 京都・建仁寺蔵 江戸時代

  • 展覧会
  • 2018年10月26日(金)~ 2019年1月27日(日)

「京都の宝―琳派300年の創造」展

国宝 風神雷神図屏風のヨーロッパ初公開。宗達、光琳をはじめとする琳派の傑作が揃う、今後またとないであろう珠玉の展覧会。

桃山時代後期に京都で生まれた琳派は、時と場所に縛られることなく、世代を超えた私淑により受け継がれた他に類を見ない美術の流派です。その潮流は、本阿弥光悦、俵屋宗達から、尾形光琳・乾山、近代の神坂雪佳に至るまで、古典的な要素を含みつつも、常にその時代における新しい美として受け継がれてきました。
本展では、特に京都での創造に絞り、日本国内でも公開される機会の稀な琳派の傑作を、国宝、重要文化財を含めて選りすぐって展示します。琳派芸術の中心をなす絵画をはじめ、書跡、陶芸、漆工などの調度品も取り上げ、日本美術の粋ともいえる琳派の総合性を示すとともに、その絢爛豪華な様式美、現代の生活美術全般にも通じる斬新なデザイン感覚を紹介します。

・期間:
 2018年10月26日(金)~ 2019年1月27日(日)
・会場:
 パリ市立チェルヌスキ美術館  
・主催:
 国際交流基金、京都国立近代美術館、細見美術館、パリ市立チェルヌスキ美術館/パリミュゼ
・キュレーター:
 細見良行(細見美術館長)
 松原龍一(京都国立近代美術館副館長)
 マヌエラ・モスカティエッロ(パリ市立チェルヌスキ美術館日本美術担当)
 
 
(Update: 2018.5.31)
 
 

Euronews(本編)(外部サイトに移動します)
Paris to swing to the beat of ‘Japonismes’
Japonismes 2018: Paris soon under the spell of Japan’s visual arts